SEO対策をしている事業者や、コンサルティング業務を行う企業は数多もありますが、その中でほんとうにGoogleのビジョンを理解している者はどのくらいいるでしょうか?Googleが何を考え、どういう未来を想像し、どんなビジョンを持って検索エンジンを動かしているのか。SEOの本質はGoogleのビジョンを理解するところから始まります。そのビジョンを理解しないまま小手先だけの対策をしても、きっと効果はでないでしょう。SEOは対策をほどこしてもすぐに効果が出るものではありません。日々の対策が積み重なり大きな成果をもたらします。この流れのはやいインターネット業界で、全く見当違いな対策をしている時間やリソースはどこにもありません。しっかりと本質を理解し本当に有効な対策をすることが重要です。

Googleの理念(ビジョン)を理解する

検索エンジン、検索アルゴリズムをどうしたいのかは、Googleのビジョンをまず理解する必要があります。Googleのビジョンは検索エンジンに反映され、検索エンジンが好むコンテンツが検索上位に反映されるからです。

Googleは会社設立から数年後に  Googleが掲げる10の事実 というものを打ち立てています。この「10の事実」は常に意識化におかれ、この事実に変わりがないかを確認しています。Googleはこの事実の通りにあるように努めて行動されています。

Googleはユーザーファースト

ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

Googleが掲げる10の事実


この事実が10のうちの1番目に掲げられています。この言葉はGoogleに限らずどんな事業やサービスについてもあてはまるのではないでしょうか?検索エンジンでいうところの「ユーザーに焦点を絞る」とはどういうことでしょう。それはユーザーが検索した文言から、そのユーザーの意図を的確に把握し、そのニーズに合致したコンテンツを最上位に表示することです。

Googleは良質なコンテンツを求めている

Googleは良質なコンテンツを求めています。なぜなら何の役にも立たないコンテンツ、広告だらけのサイト、アフィリエイト目的のページなど 検索したユーザーに何の価値も提供できないコンテンツだらけだと検索エンジンを利用するユーザーがいなくなってしまう からです。Googleは検索エンジン上で広告収入を得ており、利用するユーザーがいなくなるとその収入も激減していしまいます。ユーザーに検索エンジンを利用してもらうには、ユーザーが知り得たい情報が検索上位に表示され、上位表示されたコンテンツに触れることで、満足してもらうためです。

では検索エンジンはどのようにして価値のあるコンテンツを上位に表示しているのでしょうか?

検索エンジンを徹底分解

コンテンツの評価を決めるまでに「検索エンジン」が行っている作業は大きくわけて3つあります。

  • ・クロール ・・・ コンテンツ(サイト)を発見する
  • ・インデックス ・・・ コンテンツ(サイト)を登録する
  • ・ランキング ・・・ コンテンツ(サイト)の順位を決める

これら3つのステップを経てコンテンツの評価をしています。

クロール

Googleの検索エンジン上には「クローラー」と呼ばれるロボットが絶えずサイト上を巡回しています。このクローラーはWEB上のすべてのページを集めようとしています。ではインターネット上にはどのくらいのページが存在しているのでしょうか?2014年の調査(※1)では 10億サイトものサイトが存在していると 報告されています。その後も増え続けているでしょうから現在ではそれ以上あるように考えてよいでしょう。そして、そのサイトには配下ページがありますので、ページ数で換算するとその100倍はあるのではないでしょうか?そんな大量にページがあるなかでこのクローラーに発見してもらわなければなりません。発見してもらわなければそもそも評価もされず検索結果にすら表示されません。

※1 http://www.internetlivestats.com/

では発見されるためにはどうすればいいのでしょうか?単純にページを公開するだけではいけません。


  • ・リンクが集まる良質なコンテンツにする
  • ・サイトマップを送信する

この2点を行わなければいけません。

クローラーは一つ一つのページに貼られていくリンクをたどって、他のページに移動します。サイト内部の構成をクローラーが移動しやすいようにリンクを貼ることで、そのサイトの下部ページまで発見してもらえるようになります。

また、クローラーは良質なページには何度も訪れます。なんども訪れることによって、そのページを正確に把握することができ、それが評価につながります。

インデックス

インデックスとはクローラーが集めてきたページの情報をGoogleのデータベースに登録することを言います。この登録された情報をもとにGoogleはそのページへの評価を行います。ですので、インデックスされるときにはページ自体を検索エンジンからみて読みやすいように構成しておくことが重要になります。

検索エンジンにとって読みやすい状態にしておかないと、せっかく内容が良質なものでも検索エンジンが読みにくい構成になっていると、 本来されるべき評価よりも低い評価を受けてしまう ことになります。これではもったいないので、検索エンジンにとって読みやすい構成にしておくことをインデックス最適化といいます。

ランキング

そして一番重要なランキングです。検索エンジンはインデックス(登録)されたページを様々な要素から総合的に判断してそれぞれのページの検索順位を決めます。このことをランキングといいます。そしてその「さまざまな要素を総合的に判断」することをアルゴリズムといいます。このアルゴリズムの仕組みは、キーワード、コンテンツ内容、その関連性や密度など 200項目以上の要素をもとに判断している と言われています。そしてこのアルゴリズムはパンダアップデートやペンギンアップデートといった大小さまざなアップデートを経て進化を続けています。ですので、この要素や判断項目を理解することは不可能で無意味なことです。

Googleはこの「クロール」「インデックス」「ランキング」の精度(ここでいう精度とは、検索ユーザーにとって価値のあるコンテンツを提供できるかどうかということ)を日々改善しています。「ランキング」の改善はペンギンアップデートやパンダアップデートなどで、ブラックハットSEOをほどこしているサイトなどを排除し、良質なコンテンツを評価しています。また、過度な広告サイトを排除するページレイアウトアップデート、「クロール」「インデックス」の大幅なスピード改善をおこなったカフェインアップデートなど、さまざなな改善がほどこされています。そしてこの改善はすべてGoogleのビジョンにそったものとなっています。

検索エンジンを理解することがSEO対策の王道である

このように検索エンジンは日々改善され、さまざまな要素をもとに検索順位が決められています。これらすべてを把握することは不可能でそれに振り回されると本来の目的を見失ってしまいます。Googleはユーザーファーストであり、そのために様々な改善をおこなっていますので、 コンテンツを作成する側もユーザーファーストを掲げ 良質なコンテンツを提供しつづけることが、一番のSEO対策となるえることでしょう。その際にこの検索エンジンの仕組みを理解したうえで対応することが効率もよく評価されやすいページとなります。

ですので「SEO対策」をしたい場合は検索エンジンの仕組みにそった3つの対策に分類されます。

①良質なコンテンツを作る

まずは良質なコンテンツです。これがすべてといっても過言ではありません。なぜならGoogleはそれを検索ユーザーに届けたいからです。これがないと、いくらクロールされやすくインデックスされやすい構成になっていたとしても何の意味もありません。クロールやインデックスをページを正当に評価するために仕組みですので、中身のないものはいくら評価しようとしても評価はできません。

②クロール最適化を行う

次にクロールです。せっかく良質なコンテンツを作成できても、Googleに発見してもらえなければ存在しないのと同様です。クローラーはリンクをたどってページを巡回します。同サイト内から巡回しやすいようにリンクを設置し( 内部施策 )、SNSや他サイトからもリンクをはってもらえるようにSNS運用をしたり、外部の人が貼りたいと思えるほどの良質なコンテンツをつくること( 外部施策 )を行い、Googleに発見してもらいましょう。

③インデックス最適化を行う

Googleに発見したもらったあとは、良質なコンテンツを正確に把握してもらうために、ページのHTML構造を最適化しましょう。タイトルや見出しなどのライティング、noindex、nofollow、canonical設定など評価してほしいページやそうでないページなどをしっかりと検索エンジンに伝えるような内部施策が重要になります。

すべてのSEO対策はこの3つのいずれかに当てはまります。すでにサイトを運営している方でSEO対策をしようとしている、またはしている最中の時、まずそのサイトの現状を把握し、どこを改善するべきかをまず見極める必要があります。例えば、ページ数が1000ページのサイトでその1000ページはすでにクロールされインデックスもされています。そのサイトに対して、内部リンク、外部リンクを増やす施策を行ってもそこまで効果はありません。なぜならリンクを増やす。という施策は、クローラーに発見されやすくする施策であるからです。(被リンクが増えると順位が上がる。といった誤解が世間一般で浸透しているような気がしていますがそうではありません。)やみくもにやったほうがいいといわれていることをやっても、効果はそこまであがりません。リソースや時間は有限です。一番効率よく対策をするためにも、まずは現状を把握したうえで対策することが重要となります。

お互いがユーザーファーストであるということ

サイトには何かしらの意味があります。どういう人に見てもらいたいのか、どういう情報を提供しているのか、そのサイトをみてどうしてほしいのか、など、その先には必ず「ユーザー」がいます。そのユーザーにとって意味のある、価値のある、良質なコンテンツをつくるということは、サイトの運営者にとってもメリットしかありません。その良質なコンテンツを追及していくなかで、検索エンジンにも評価されるように少し手を加えるのがSEOだと考えています。Googleがユーザーファーストであるように、サイト運営者もユーザーファーストであれば、おのずと結果はついてくるはずです。

主にプロジェクト内での市場調査やKGI・KPI設定、広告運用、SEOなどの各施策の実行を担当する。これまでの経験はプログラマーとしてjava、phpによる開発。PMとして要件ヒアリングから開発進行管理および運用管理業務を行うとともに、社内教育や人材採用まで幅広い業務を遂行。各種マーケティング業務を兼務。