あなたは地図アプリを使っていますか?増井はGoogleMapを使っています。車に乗るときもナビ代わりにしてるのですが、全く知らない土地とかだと妙に小道とか住宅街とかショートカットさせたがるんですよね。知らない道だし「大通りでいかせてほしい!」っていつも思っています。(余談でした・・・)こういった対応もアップデートを希望している私ですが、みなさんもスマホに一つくらいは地図アプリが入っているのではないでしょうか。

Google Mapのほかにも「マップ」とよばれるAppleの地図アプリや「Yahoo!地図」などを使ってる人もいるでしょう。地図アプリって意外といろいろあるんですね。

MEOとは?

本題ですがMEOとはなんなのでしょう?MEOはMAP Engine Optimization の略でマップエンジン最適化と呼ばれるものです。

例えば、Googleで「大阪 居酒屋」で検索するとしましょう。すると検索結果はこう表示されます。

マップエンジン最適化

Google Mapが一番上に表示されて3件のお店が表示されていますね。(赤枠)
そしてその下に「大阪 居酒屋」で検索ランキング1位のページが表示されています。(青枠)

ですので、この地図に表示されることでSEOで1位を取るよりも上位に表示されるということになります。このMEOは店舗を保有されているビジネスの場合にとても有効な策となりますね。では、どうやってここに表示をさせ、かつ上位に表示をさせることができるのでしょうか。

MEO対策はどうやるのか

具体的にMEO対策はどうすればいいのでしょうか。SEO対策ではいくつもの施策が必要でしたが、このMEO対策はたった3つのことをするだけで完了します。どれも難しいことではありませんので、すぐにやってみることをお勧めします。

Googleマイビジネスに登録

MEO対策の第一歩はGoogleマイビジネスに登録をすることです。無料で登録可能ですので、先ずは登録してみましょう。

  • 正式名称
  • 業態/カテゴリー
  • 住所
  • 電話番号
  • ホームページのURL
  • 営業時間
  • 写真

これらの情報を正確に埋めることが重要です。Google Map上で上位に表示されるためには「情報量」はとても重要です。

MEO良い例

MEO悪い例

【良い例】全ての情報をできるだけ詳細に記載し、写真も店内の雰囲気や提供するサービスが一目でわかるように掲載されています。

【悪い例】住所と電話番号のみしか記載がありません。写真は未掲載なのでGoogleMapでその住所の写真が自動で表示されていますね。
営業時間やサービスの写真がないのでよくわからない印象を与えてしまいます。

口コミを増やす

いわずとしれた口コミです。口コミが多いと参考にされやすく、良い口コミが多いと行きたくなりますよね。

口コミは重要
口コミは重要

このGoogle Map上で口コミが投稿できますので(右上に「クチコミを書く」ボタンがありますのでこのボタンをクリックして記入することができます。)来店いただいたお客様に記載してもらえるような店舗運営をして口コミを貯めましょう。

このクチコミ投稿については、放っておいても増えません。この地図上で口コミが投稿できるということを知らない人がかなり多いです。口コミといえば、「食べログ」や「ぐるなび」などでやるものだと思い込んでいる人がかなり多いのですが、実はGoogle Map上でもできますのでそういった提案をしてお客様に書いてもらいましょう。

Googleストリートビュー(屋内版)

Googleストリートビューは皆さんもご存知だとは思いますが、それの屋内版があることはご存知でしょうか?このGoogleストリートビュー屋内版を利用することで、店内の360度パノラマを撮影し画像だけではつたわらなかった店内の雰囲気をお客様に提供することができます。

また、この屋内版で撮影した360度パノラマは、他の媒体へも利用が可能ですので、店舗のホームページや運用中のSNS等で投稿するなどしてフル活用しましょう。

MEOを駆使して店舗ビジネスを盛り上げよう

いがかでしたでしょうか?MEO(マップエンジン最適化)はSEOにくらべて簡単に取り組むことができると感じた人もいるのではないでしょうか?それでいて効果はSEOよりも大きいかもしれません。そしてまだ競合店舗がやっていない可能性もあります。まずはご自身の店舗の「住所」と「カテゴリー」で検索してみましょう。そして競合する店舗には内緒でご自身の店のMEOを徹底して売り上げを伸ばしましょう。

主にプロジェクト内での市場調査やKGI・KPI設定、広告運用、SEOなどの各施策の実行を担当する。これまでの経験はプログラマーとしてjava、phpによる開発。PMとして要件ヒアリングから開発進行管理および運用管理業務を行うとともに、社内教育や人材採用まで幅広い業務を遂行。各種マーケティング業務を兼務。